リサイクルになる

農機具の処分方法として買取を選ぶと、リサイクルに貢献できるメリットがあります。自分や家族が長く大切に愛用してきた農機具が、処分してしまえば廃材となってしまうところを、新しい地で活躍させることができれば、これほど気持ちの良いものはないでしょう。

日本で使わなくなった農機具は、少しくらいへこんでいようが錆びていようが海外では非常に人気が高く、各国の農機具店が喜んで買い取るそうです。特に、東南アジアは、日本と環境が似ているところもあり、日本の農機ブランドは非常に人気で、20年もの型おちのトラクターであったもとぶようにに売れるといいます。

新興国や発展途上国の農地では、まだ新しい農機具を購入する経済力がなく、また、電子化された最新のものよりも、20年ほど前の型式のほうが扱いやすく農機具を導入しやすい、というのが日本の中古農機具が海外で人気である要因です。

また、「日本製のものは高品質で丈夫だ」というイメージが強いのも需要がある理由の一つです。故障していたり動かない農機具も、各国の農機具店が足りない部品や交換したい部品を補い合うことで修理を行い、再び作動させて使用します。

これからどんどん発展していく国々に日本の中古農機具を安く販売することは、彼らを支援することにもなり、中古農機具のビジネス全体が社会貢献性の高いものとして注目されています。

手間が省ける

不要となった農機具の買取は、面倒な手間や手続きが少なくなる、というメリットがあります。名義変更などの役所への手続きを代行してくれる買取業者がほとんどなので、煩わしい書類による事務処理に頭を悩ますことがなくなります。

基本的に農機具の売却をするのに面倒な手続きや書類というのは必要ありません。各業者によって多少違うかもしれませんが、身分証さえあれば問題ないというところがほとんどです。手続きそのものもとても簡単だと言って良いでしょう。また、自分の都合のよい時間に業者側から来てくれるので、無駄な時間も労力も発生しません。

業者側は見積もり、買取、機械の搬出まで段取りよく行ってくれます。同じように農機具の買取販売をしている競合他社が注目され増えている中で、業者もスピーディーに一連の業務を行いたいためです。さらに買取業者のほとんどは、希望すれば倉庫内にあるものを一括して買い取ってくれます。もみすり機、計量器、草刈り機など、小さな農機具や不用品まで、買取と同時に倉庫内を一掃してくれます。

祖父・父・親戚が使っていた農機具をそろそろ処分したい、今後農作業をしないので倉庫を空けたい、などと考えている場合は、処分や整理する手間が省略できます。

収入になる

農機具の処分方法として買取を選ぶと、収入になるという大きなメリットがあります。廃車やスクラップ処分では費用がかかる一方ですが、買取の場合は査定したその日のうちに現金で買い取ってくれる業者もあり、すぐに収入にすることも可能です。

農機具の買い替えを検討している場合は、収入として得た分を、新しく購入する機具の資金の一部に充てれば、お得に買い替えを済ませることができます。もう農機具を使用しない場合も、保有し続けていると維持費が発生する一方ですが、売却し空いた場所を活用して違うスペースとして使用したり、新しい趣味を始める費用に充てるとよいでしょう。

型の古いものや、故障している、動かないなどで、売り物にならないのではないか、と思われる農機具でも、機種によっては意外な高値が付く場合があります。古いものは再利用や海外輸出のため、動かないものも部品の再利用のために価格を付けることが可能なのです。

売却を考える際は、なるべくたくさんの査定結果を比較して条件のいい業者に買取を依頼することが重要です。業者によって、地域性や重要視するポイントが異なるなどして、買取価格に幅が生まれるためです。最近ではホームページに型や年式などを入力するだけで仮の買取価格が表示される業者があったり、農機具の買取価格を一度に比較できるサイトも登場しています。これらを利用し条件のよい業者を選んで、多くの収入を得ましょう。

TOPIC◇農機具高く売れるドットコム◇
買取ができる農機具の型番を一部紹介しています。

農機具の買取

多くの農家は何かしらの業務用農機具を持っており、少し規模の大きな家庭菜園などをしている家庭でも農機具を使用しています。父や祖父が農家をしていた頃の農機具がそのまま置いてある家庭もあるでしょう。

しかし、新しい機械への買替を検討したり、使用頻度の割にスペースを占領していると感じるときに悩むのが、その処分の方法です。まず、多くの自治体では業務用機器などについては回収することができない、という点から、ゴミとして処分することは難しいです。次に検討するのが、廃車やスクラップ処分ですが、自分で行おうとすれば時間や費用、労力を必要とします。解体業者や農協に廃車の代行手続きをやってもらうという方法もありますが、この場合も当然費用がかかります。

そこでおすすめなのが、農機具の買取です。今では農機具の買取を専門的に扱う業者が増えていて、無料で出張、査定、見積もりをしてくれる業者が多数存在します。また、古くなった型や故障している型、動かなくなって売り物にならないんじゃないか、という農機具も査定してくれる業者がたくさんあります。

さらに、ホームページに型や年式などを入力するだけで、仮の買取価格が表示される業者があったり、中古車の買取を比較するサイトのように、農機具の買取価格を、業者一覧を見ながらを比べられるサービスも登場しています。

当サイトでは、農機具の処分に買取がおすすめの3つの理由をご紹介します。ご自宅や知り合いの方で農機具の処分に困っている方がいれば、ぜひお役立てください。