農機具の処分方法として買取を選ぶと、リサイクルに貢献できるメリットがあります。自分や家族が長く大切に愛用してきた農機具が、処分してしまえば廃材となってしまうところを、新しい地で活躍させることができれば、これほど気持ちの良いものはないでしょう。

日本で使わなくなった農機具は、少しくらいへこんでいようが錆びていようが海外では非常に人気が高く、各国の農機具店が喜んで買い取るそうです。特に、東南アジアは、日本と環境が似ているところもあり、日本の農機ブランドは非常に人気で、20年もの型おちのトラクターであったもとぶようにに売れるといいます。

新興国や発展途上国の農地では、まだ新しい農機具を購入する経済力がなく、また、電子化された最新のものよりも、20年ほど前の型式のほうが扱いやすく農機具を導入しやすい、というのが日本の中古農機具が海外で人気である要因です。

また、「日本製のものは高品質で丈夫だ」というイメージが強いのも需要がある理由の一つです。故障していたり動かない農機具も、各国の農機具店が足りない部品や交換したい部品を補い合うことで修理を行い、再び作動させて使用します。

これからどんどん発展していく国々に日本の中古農機具を安く販売することは、彼らを支援することにもなり、中古農機具のビジネス全体が社会貢献性の高いものとして注目されています。

リサイクルになる